大人男子の秋服モテコーデ@萌え袖だけは受け入れられない本質って?

大人のメンズモテファッションができるショップはココ

 

 

大人男子の秋服モテコーデ@萌え袖だけは受け入れられない本質って?

 

8つ年上の旦那は、もう30後半。ここ1年ほど前から単身赴任を初めて今までは洋服を私がいつも選んで買っていたのですが、最近は自分で休みの日に洋服を買いに行っているようで随分若作りな服が増えてきたな、派手な色の服が増えたなと思いつつも特に好きなように着たらいいかなと何もコメントしなかったのですが、一度だけ本当にあり得ないと思ったのが最近若い子の間で流行っている萌え袖と言われる、自分の腕の長さよりかなり長めの袖で手を少し隠すようなデザインになったニットのセーター。確かに若い子がやったらそれはそれで男性がしていてもかわいいかもしれませんが、大人男子の秋服モテコーデとして30を超えた普通のサラリーマンが萌え袖をしていても全く萌えません。はたから見るとだらしなく伸びてしまったセーターのように見えます。

 

女性だって白の花がらのワンピースやレースたくさんのフリフリが年と共に似合わなくなるように、大人男子の秋服モテコーデもその年齢に合ったものを着てもらいたいものです。私としては大人男子の秋服モテコーデであまり派手な色ではなく、モノトーンコーデでシンプルな無地ベースのコーデが年に合うんじゃないかなと思います。もちろんおしゃれ上級者の方は、真っ赤とか真っ青とかのスーツを着ても似合うんでしょうが突然おしゃれを目指した人が奇抜な色の服を着ていると少々痛々しく見えてしまうのでできるかぎる無難な色やデザインのものを着てほしいですね。

 

それと大人男子の秋服モテコーデなのに全てチープな服でまとめてしまうのは、ちょっと男性の価値を下げてしまう気がするので安いパーカーにメーカーもののジーンズなど体のラインの出かたと材質にもきちんと拘ってほしいです。高身長であまり太ってない旦那には体のラインがでる細身のスラックスにシャツ、薄手のカーディガンなどのシックなスタイルでお出かけしてもらえるとこちらも嬉しいです。

 

圧倒的に女子ウケしちゃう全身コーデをみてみる